スポンサードリンク

第60回NHK紅白歌合戦出場歌手についてアレコレ……

芸能エンタメニュース情報にアクセスありがとうございます!
人気ブログランキング ←1日1クリックで順位がアップします♪

今年もそんな時期になりましたか〜。
NHK紅白歌合戦の出場歌手の発表がワイドショーで持ちきりになってました。

まぁ、大体いつもと代わり映えのしないメンバーですけど、今年の初出場アーティストは次の方々。

白組:嵐/NYC boys/FUNKY MONKEY BABYS/flumpool/遊助/レミオロメン

紅組:木村カエラ/水樹奈々

って、圧倒的に白組の方が初出場歌手が多い……。
しかもジャニーズのアイドルが二組ですか。

今年(2009年)の紅白初出場アーティストで一番の目玉はだそうですね。
私も嵐は嫌いじゃないです。
イイ歌が多いんですよね。他のジャニーズに比べたら歌も上手いですし。

あとは……紅組の水樹奈々さんは本業は声優さんだそうですが、歌手としての活動も認められ、紅白出場になったとか。最近は声優さんも歌の上手な方が多いですしね。ちゃんと発声とかもトレーニングしてるから……。

それに何と言っても、来年(2010年)の大河ドラマ「龍馬伝」で主役の坂本龍馬を演じる福山雅治さんでしょうね。
今年の大河ドラマ「天地人」で直江兼続の子供時代を演じてブレークした加藤清史郎くんも歌手として登場するかと思ってましたが、違う形での登場となるようですね。

個人的に好感度大だったのが「おばあちゃん孝行になる」っていう木村カエラさんのコメント。
確かに、年配の方は紅白歌合戦を見ることが年末の恒例行事になっているし。
若い人は「紅白なんてくだらない。だったら“絶対に笑ってはいけない〜”を見る」って言うけど、逆に年配の人は、ガキ使とか「くだらない」って顔をしかめる。

色々と賛否両論のある紅白歌合戦だけど、私はアリだと思います。
家族揃ってひとつの番組見れるなんて、そうそうないじゃないですか。
それに、本当に音楽が好きだったらジャンルを問わず「良いものは良い」って思うし。普段はJ−POPとかしか聞かなくても「たまには演歌みたいなしっとりしたのもイイなぁ……」とか、普段は昭和歌謡大好きな人でも「若い人の曲も聞いていて楽しい気分になるわね」とか。そういう、ある意味「寄せ鍋みたいな音楽番組」は国営であるNHKにしか作れないって気もする。

まぁ……拘束時間が長いとか、ギャラが安いとか、台本がイケてないとか、色々としがらみがあるとか……面倒なことも多いようですけどね(−−;
だからアーティストの皆さんも「自分のファンたちの前でカウントダウンライブでもやった方がイイ!」ってなるんでしょうね〜。
それに、ファンからしてみても、ほんの一幕だけ登場する紅白より、ライブやってくれた方が嬉しいだろうし。

難しい問題ではありますが……とりあえず「NHKは上から目線を止めた方が良い」っていう結論で。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。