スポンサードリンク

オグシオ小椋久美子インフルエンザ

芸能エンタメニュース情報にアクセスありがとうございます!
人気ブログランキング ←1日1クリックで順位がアップします♪

バドミントンの人気ペア、三洋電機のオグシオこと小椋久美子さんと潮田玲子さんがペアとして登場する最後のイベントが幻に終わったようです

シオ1人ぼっち…オグまたドタキャン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000007-dal-spo

インフルエンザなら欠席は仕方ないこと。
なのに、このタイトルは記者の悪意を感じます。
はっきり言って、ムカつきます。

別にオグシオが好きなわけでもバドミントンが好きなわけでも小椋久美子さんを庇いたいわけでもないですが。

インフルエンザの患者をイベント会場に“無理やり”連れ出して、集団感染させるつもりだったのでしょうか?

高熱で苦しむ小椋久美子さんを「強行に連れてこようかと思ったのですが…」?

上記の台詞はバドミントン協会の強化本部長・銭谷欽治さんのコメントだそうですが、バドミントン協会って馬鹿なんですか?

そりゃ普通の風邪とか多少の怪我なら、最後のファンサービスとして、半ば無理やりでも出る必要はあったかもしれません。今までオグシオは大人気でしたし、応援してくれていたファンを大切にするのは当たり前のことです。
(まぁ“オグシオ”とひと括りにされることは、1選手としては嫌かもしれませんが)


でも、インフルエンザですよ? インフルエンザ!


ってか病気ナメてんですか?


まぁね。

もし、記者の狙いどおり「まさかオグシオの間には確執があって、インフルエンザは嘘の口実?」とか邪推しろってんなら出来なくもないですけどね。

仮に、もし邪推しろって目的だったとしても、今はタミフル(インフルエンザの治療特効薬)の効かないインフルエンザが猛威を振るっていたり、インフルエンザで何人も亡くなっていたりするのに・・・インフルエンザを「ネタ」として使うなら・・・不謹慎すぎますよ、マスコミさん


普通に考えて、インフルエンザは医師の診断書付きなら、学校も会社も休める病気です。ってか常識のある団体に所属していれば、インフルエンザは感染病ですから、強制的に休まされます

そんな人に教室やオフィスといった閉鎖空間に居られたら、逆に迷惑ですから。


ただ、このイベント。オグシオ見たさに集まったファンも多かったと思いますから、イベント主催者は最初に何らかの謝罪コメントは出すべきでしたね。

小椋久美子さんもマネージャーか誰かにコメント託してたら好印象だったのに。ちょっと残念です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。